***hikaruwords***

ひかることば・・・励ます、寄り添う、力づける。無限大の言葉の力をもっと知りたくて。

自分の好きなことを貫く

ひかるです。

最近は雨で、読書がはかどります。
本という文化が発展してきてよかった!

本といえば、出版者の方も最近は本をよく出されている印象があります。
特に私が気になるのは幻冬舎さん。
幻冬舎の見城さんはご存知の方も多いと思いますが、
本や仕事に対する想いの強さは感服します。

そして最近私が読んだ本がこちら。

死ぬこと以外かすり傷

死ぬこと以外かすり傷

  • 作者:箕輪 厚介
  • 発売日: 2018/08/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

幻冬舎の編集者である、箕輪さんの本です。

非常に破天荒で型破りだなという印象なのですが、
その中にもポリシーが貫かれていて、
こういう人がイノベーションを起こすんだなと感じました。

本日は、その箕輪さんのことば。

周囲の価値観に惑わされることなく、まずは好きなことを小さく始めてみる

これ、文字にすると簡単に思えるのですが
実際やるのってなかなかタフかも、と思います。
特に日本人は「和を持って尊しとなす」文化があるので
周りに反対されると萎縮する人が多いかもしれない。

その中でも自分の価値観や感覚を貫く。
それを続けてきた箕輪さんだからこそのことばだと思います。

自分は何を大切にしたいのか。
そのために何をすべきなのか。
自分の心の声を大切にする生き方をしたい。

最近いつ笑いましたか?

ひかるです。

 

今、「一生に一度は、映画館でジブリを。」という企画がされていますね。

www.ghibli.jp

 

ジブリといえば金曜ロードショーですが、

リアルタイムに劇場でジブリ作品を観れる機会はなかなか無いですよね。

映画館ならではの臨場感や迫力の中で、ぜひ観てみたいです。

 

今回は、映画館上映作品には入っていないけれども名作である

となりのトトロ』からのことば。

 

みんな笑ってみな。おっかないのは逃げちゃうから

 

このセリフを聞いてシーンが思い浮かんだ方は、かなりのファンです(笑)

 

このセリフは、通称お化け屋敷に引っ越したサツキとメイとお父さんが

お風呂に入っている時の、お父さんの言葉。

急に強い風が吹き、幼いサツキとメイは怖い気分になってしまいますが、

お父さんが急にガハハと笑い出し、その空気は一変します。

その後の「まっくろくろすけ」のセリフは有名ですよね。

 

この、「笑う」という行為はとても大事だと思います。

プライベートはもちろんですが、仕事やどんな状況に置いても

笑いがあるのと無いのとでは雰囲気が違うし、人間関係にも影響すると思います。

お父さんが言うように、暗い雰囲気も吹っ飛ばしてくれますよね。

 

どうせなら会社の朝礼や会議ももっと笑いの要素を入れたらいいのに・・・(笑)

 

また、NK細胞というがんなどに作用する細胞を作り出すことも研究されています。

健康という面でも、笑うことはとても大事なんですね。

 

どうせならニコニコ笑う毎日を送りたいですね。

あなたにはあなたの美しさがある

ひかるです。

 

雨が続きますね。

自粛も相まって、家で過ごす時間が増えた方も多いのでは?

 

最近は家で音楽を楽しむ時間が増えました。

私は基本的に洋楽が多いです。

 

今日は少し懐かしい曲を。

 

Born This Way

Born This Way

  • 発売日: 2014/02/16
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

2014年に発表された、Lady Gagaの 『Born This Way』。

ガガ様らしい独特なビジュアルと、力強いメッセージが素敵で、大ヒットしました。

 

そのサビ部分。

 

I'm beautiful in my way 私は私なりに美しいの

'Cause God makes no mistakes だって神様がミスするわけない

I'm on the right track, baby 正しい道を進んでいるの、ベイビー

I was born this way 私はこうやって生まれてきた

Don't hide yourself in regret あなた自身を後悔に隠さないで

Just love yourself and you're set ただあなた自身を愛して、それで準備完了

I'm on the right track, baby 正しい道を進んでいるわ、ベイビー

I was born this way (Born this way) 私はこうやって生まれてきた(こうやって生まれた)

- Lady Gaga "Born This Way"

 

なんと力強い歌詞でしょう。

「あるがまま」「既に美しく、完成されている自分」「ただ自分を愛する尊さ」を

歌詞全般に渡り何度も何度も伝えています。

 

日本人は国民的に、自分や国への誇りが薄いと言われています。

時代背景や教育の影響かもしれない。

けれど、大人になったら自分で自分の意識を変えていくことはできると

私は思っています。

 

自分が自分として生まれてきたこと、ありのままを受け入れ、

後悔ではなく可能性や挑戦に満ちた人生にしていきたい。

自分が未来を切り開くことに腹をくくる

ひかるです。

 

先日も記事に挙げた、「現代ホスト界の帝王」ROLAND様が

自身が経営するホストクラブ『THE CLUB』を閉業することを発表されました。

 


ローランドがホストクラブの閉店を発表

 

特に東京都内では、今でも感染被害は深刻な状況となっており

ROLANDとしても、苦渋の決断だったと思います。

 

一ホストとしての想いと、一経営者としての想い。

多くの葛藤があったんだろうと、Instagramからも伝わります。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

【ROLAND】(@roland_0fficial)がシェアした投稿 -

 

その、Instagram内でのROLANDのことば。

 

止まない雨はないと思う暇があるのなら雲の上に行く努力をする。
明けない夜はないと待っている時間があるのなら東へ行く。

 

状況や環境は色々あります。

自分の思うようにいくことの方が、もしかしたら少ないかもしれない。

 

それでもそこを突破していく。

自分の行動によって、自分の未来を切り開いていく。

自分ができることはすべてやる。

そのことに腹をくくる。

ROLANDに限らず、世で大きな成果を出している人には共通していると思います。

 

流れに身を任せ、受け身な人には、未来を切り開くのは難しいのかもしれない。

自分がどちら側にいるのか、常に自分の立ち位置と向き合います。

未来の自分から声をかけてあげる

ひかるです。

 

学生時代は読書が苦手で、

好きな作家さんの小説以外ほとんど読んでいませんでした。

社会に出て、先人の知恵を学ぶ大切さや

視野を広げるために読書の必要性を教わり

ビジネス書をよく読むようになりました。

(とは言っても、世の中の成功者からすると読書量は少ないですが)

 

特に経営者の本は多くのものを学べると感じています。

自分で0から立ち上げていくのだから

挫折も失敗も多く経験しているはず。

それでも努力を続けて結果にしてきた人の話は得るものが多いです。

 

今回は経営の神様・松下幸之助さんのことば。

 

失敗したところでやめてしまうから失敗になる

成功するところまで続ければそれは成功になる

 

文字にしてしまうと「そりゃそうだよね」となりそうですが

実際、それを実践できているかがポイントですよね。

 

未来の(成功している)自分から見たら「あとちょっと」のところでも

今の自分からしたら暗中模索かもしれない。

だから、今頑張るのはもちろん大事ですが

頑張っている自分を未来の自分から見てあげるのもよいかもしれません。

 

「あとちょっとだよ」って自分が自分に声をかけてあげる。

それができれば、例え挫折や失敗があっても途中経過に過ぎません。

 

まずは継続すること。

自分の決めた結果になるまで継続します。

可能性を自分で狭めるな

ひかるです。

 

最近、自分の言葉遣いに繊細になっています。

営業という職業柄もありますが、

自分が発している言葉は、自分の今の心境や考えを映していると思うからです。

 

このブログを書き続けることで、素敵なことばに出会えるので

本当に書いていてよかったなと思っています。

いつも、ご覧いただきありがとうございます。

 

さて、今日は野球界のドン(?)より。

 

「僕ってこういう人間だから」と前置きする若者に、向上したり進歩したりする余地はない

 

故・野村克也さんの格言です。

 

これにはかなり、ハッとさせられました。

なぜなら私もよく使っていたからです。

 

「私ってクールキャラだから」と言って、無愛想でいることを擁護したり。

「こういうの向いてないし」と言って、チャレンジすることから逃げたり。

 

やらない言い訳っていくらでもできる。

でも、そこに向上も進歩も無いんですよね。

 

最近、「人見知りだから」という人がすごく多い。

それもただの前置きにすぎないと思います。

だって人間誰しも人見知りの部分はあるから、その扱い方が違うだけ。

深く人を知ろうとせず、人間関係で傷つくことを恐れて

深いコミュニケーションを取る大事さや価値から逃げてしまう。

そういう人が多いんじゃないかなって思います。

 

自分の中には色々な可能性が秘められていることを受け入れ、

自分がそれを一番信じてあげることを大事にしていきたい。

10回、口に出してみる

ひかるです。

 

今日は七夕ですね。

あいにくの雨模様なので、ミルキーウェイは見えなさそうですが・・・

 

近くの駅やスーパーでも、笹や短冊が飾られています。

色々なお願い事が書かれていて、

どんな人が書いたんだろうと想像するとほっこりします。

みなさんはどんなお願い事をされますか?

 

さて、今日はお願い事に関することば。

私の尊敬する先輩がおっしゃっていたことばです。

 

叶うという字は、口に十と書く。

だから夢や目標はまず口にする。色んな人に話してみる。

そこから協力者が生まれ、本当に実現して夢が叶ってしまう。

 

流れ星を見たら3回お願い事を、とも言いますが、

口に出すということには特別な力があるのかもしれません。

 

たしかに、口に出すことで自分自身の感覚(音、脳内、気持ち)に伝わるし

誰かにそれが伝わることで想いを共有する人が増えるのは間違いありません。

アファメーションとかもそれに近いでしょうか。

 

思い返すと、私の思春期は

夢を語ったり熱くなったりするのが恥ずかしくて

何か夢を描いていても口にすることはあまり無かったように思います。

 

ただ、今では堂々と自分の理想を貫いていいんだという考えに変わりました。

そのきっかけは、やはり

夢を口にして受け止めてくれる周りの人たちだと思います。

 

だから、私も誰かの夢を受け止める人でいたい。

応援して、一緒に挑戦できる人でいつづけたいと思います。